七五三家の前(R4,11,13)

おどけたる姿もよろし七五三

漸く篠原八幡神社(横浜)でのお祓いが済み、タ―ちゃんもほっとしたのか、さかんにおどけている。それもまた良しである。とにかく、元気に七五三を迎えることができてハッピーである。

日吉本町の駅の前に良い土地が空いていてこれもハッピーなことだった。それぞれの土地で、それぞれの役割を果たしながら、元気に楽しく過ごせれば良いなぁ~と思う。写真は長女家族と家内である。



七五三タ―ちゃん(R4,11,13)

七五三集ひし皆の笑顔かな

長女家族と家内の写真である。タ―ちゃんンの七五三ということで、11月13日(日)横浜市港北区の篠原八幡神社に集り、お祓いを受けた後、写真を撮った。皆にこにこしている。

最近はコロナ禍の為、なかなか会えず残念である。久しぶりに合うことができとても嬉しい。平穏な日々が大切だとつくづく思う一日でもあった。

2022.11.27 新雪の浅間山
新雪浅間山(R4,11)

新雪の影を斑に浅間山

先日の前橋市が雨の時、浅間山には雪が降っていたのであろう。素晴らしく輝く新雪の浅間山を見上げながら散歩していると、
雲が出て来て、影が斑になって動かない。それにしても浅間山は美しい。

「新雪にわが影法師まだ老いず」(古賀まり子)、「新雪に一歩また一歩あゆみ出づ」(相馬遷子)等、良い句がある。
少しずつでも前向きに歩き続けたいものである。

七五三のお祝い(R4,11,13)

篠原宮集(つど)ふ嬉しさ七五三
 
11月13日(日)、タ―ちゃんの七五三のお祝いで、日吉に近い篠原八幡神社に集ることになった。お祓いを受けた後の写真である。
タ―ちゃんが生まれてから、月日の経つのが早くなったと感ずる。精神的に充実しているからなのであろうか・・・。

とにかく皆にこにこして良い写真を撮って貰った。うなぎもご馳走になり、ホントタ―ちゃんもいるし楽しい時間を賜った。

たーちゃん七五三(R4,11)

浜っ子の元気溢るる七五三

横浜に住むタ―ちゃんが5歳になったお祝い、「七五三」である。浜っ子とかってに書いているが他意は無い。横浜に住む子の意味である。とにかく元気いっぱいでじっとしていない。何よりであると思う。彼が生まれてから人生が更に豊かになった気がする。

写真館の人の依頼らしいが歩幅が広過ぎると感じるのは私だけであろうか?写真の出来はともかく、「11月15日に行う成長の祝い」である。とにかく、七五三は目出度い!!

2022.11.26 金木犀
金木犀(R4,10)

ただ歩く金木犀の咲く道を

これも10月の出来事である。立派な金木犀の咲く道を毎朝とは言えないが出来る限り歩くことにしている。ブログを書く気になれず、ほおっておいた写真を見ると、まことに立派な金木犀といえる。仲秋、葉腋に小花を叢生し、独特な芳香を放つ。花は橙黄色が普通で金木犀という、と広辞苑にある。

「ゆるぎなく金木犀の香のほとり」(中村汀女)、「夜道よし木犀の香のとゞきゐて」(山口誓子)のような句もある。
素晴らしい芳香を感じながら、無心でただただ歩を進める・・・・そんな瞬間は私にとってはとても幸せだ。





2022.11.26 秋桜
秋桜(R4,10)

あくまでも青き空あり秋桜

先月10月は体力をつける為、よく散歩した。しかしながら、何故かブログを書く気になれず2ヶ月ぐらいブランクができてしまった。
空はあくまでも青く、素晴らしいお天気が続いた10月であったのに、まことに残念だ。

10月26日に3ヶ月診断があり、それが気になっていたのであろう。主治医の内藤滋人先生から、「このままでいきましょう」と診断され、再々手術は免れほっとした月でもあった。しかしカテーテル・アブレーションで完治したとは言えず、薬による治療を続けるということでもあったのである。喜ぶべきことなのかどうか分からないが、良しとしよう。

「透きとほる日ざしの中の秋ざくら」(木村亨史)の句を思う。透き通る日差し、あくまでも青い空を見ると、手術の結果を受け入れるのも自然なことなのかもしれない。

2022.11.26 冬の薔薇
冬の薔薇(R4,11)

散歩には散歩の楽しみ冬薔薇

やはり散歩はするものである。素晴らしい冬の日を浴びながら歩いていると、ピンクの薔薇が咲いているのを見つけた。前橋には敷島公園(薔薇園)があるが、朝のひと時、何気ない時に、何気なく見つけた薔薇には価値があると思う。とても嬉しかった。

よく考えると誕生祝いの花にもピンクの薔薇が入っていた。「気品」「品格」の花言葉を思う。「品性高潔」という言葉が好きなので何よりである。

「鍵盤に落ちし一片冬薔薇」(梅田実三郎)の句がある。何の曲を弾いていて、何色の薔薇が一片、鍵盤に落ちたのか興味が尽きない一句ではある。



2022.11.26 冬の日
冬の日(R4,11)

今日だけの冬の日を浴び歩きけり

11月25日(金)の朝は最高に良い日差しを浴びることができた。すでに落葉の季節であるが、空はあくまで青く、言うこと無しの散歩日和であった。写真は思わずシャッターを切ってしまったものである。

「今しがたありし冬日の其処に無し」(粟津松彩子)の句を思う。

2022.11.26 誕生祝74歳
誕生祝い(R4,11,27)

誕生日寿ぐピンクの冬薔薇

明日、11月27日(日)が私の74歳の誕生日である。73歳の年はいろいろあり、無事74歳を迎えることができ、正直ほっとしている。
人間、やはり長い間生きているといろいろある。それが人生だともいえる。

本日、長女夫妻が生花を「誕生祝い」に送ってくれた。感謝あるのみである。会社からもDAXSのマフラーをプレゼントされた。これも感謝あるのみ。しかし、昨今「100年時代」ともいわれているが、100年は余りにも長い。自然体で生きていきたいものである。

今回の花は孫のタ―ちゃんが選んだとの知らせが長女から入った。ピンクの薔薇には「気品」「品格」等の意味があったかも・・・。薔薇は色、本数でいろいろ花言葉とかの意味合いが違う。私にもまだ為すべきことがあるのだろうか?