2015.01.15 初雪
初雪(2015,1)

初雪や庭の万両密やかに

本日前橋に初雪が降った。たちまち庭は白くなり、今日ばかりは万両もひそとしている。静かな瞬間である。昨年の様に、気象庁始まって以来の大雪には、今年はならない気がするが・・・・・。思い出すのは旧師前田普羅の句である。「うしろより初雪降れり夜の町」(普羅)、昭和4年、報知新聞冨山支局長を退いて俳句一筋の生活に入った。この句からはそうした決意が垣間見ることができる。肌にふれる厳しい風土感をやさしい情念で包み込んだともいえる作。さらに、「うしろより」から、闇に包まれた山々の姿、即ち立山連峰の姿も思い浮かぶのである。初雪の「初」に千鈞の重み。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/150-4df0d102