2015.03.13 雪山讃歌
雪山讃歌(H27,3)

シュプールを雪山讃歌の舞台にも

湯の丸スキー場、第4ゲレンデの上に「雪山讃歌の舞台」の立て看板がある。第一時南極越冬隊長・西堀栄三郎らが三校時代、山岳部のスキー合宿で鹿沢を訪れた際、吹雪で閉じ込められ動けない時に、退屈を紛らわす為に山岳部の歌を作った歌が「雪山讃歌」であるのはよく知られている。この前面に広がる雪の山々を心に刻み作られたもの。したがって、その舞台にシュプールを刻めるのは幸せである。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/193-7d8a1842