2015.04.05 岡城址
岡城祉(H27,3) />

石垣に春まだ浅き岡城址

滝廉太郎の「荒城の月」のモチーフとなったことで有名な岡城跡。断崖絶壁に建てられた古城である。城の形が牛の寝ている形に似ていたことから「臥牛城」とも呼ばれるが、明治に至るまで岡藩を統治した中川公によって築城された。岡城址は海抜325mの台地、その広さは100万㎡(東京ドーム22個分)大野川の支流、稲葉川と白滝川の合流する間の舌状台地上に築かれ、川岸からそそり立つ姿は「難攻不落」と言われた天然の要塞と言える。桜がまだまだ咲き切らず、もう2~3日後ぐらいが花見には最高であろう。紅葉の季節も素晴らしいと思わせる。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/219-785070b3