2015.04.07 高千穂峡
高千穂峡(S27,3)

囀りも真名井の滝の音の中

神話によれば天村雲命(あめのむらくものみこと)という神が天孫降臨の際に、この地に水がなかったので水種を移した。これが天真名井として湧水し、滝となって流れ落ちているといわれている。その水音の中に鳥がしきりに鳴く声までもが入っているような気がする。五ヶ瀬川峡谷に美しい水音が聞こえるのである。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/224-2467c050