朝日を浴びる槍ヶ岳(H27,8,1)

朝焼けの紅を浴びたる槍ケ岳

日の出の時に東の空が紅黄色に染まる現象を「朝焼け」という。日の出や日没時には、太陽光線は最も厚い大気の層を通過して地上に達するが、散乱光の強さは入射光の波長の4乗に反比例する為、波長の長い赤色が最後まで散乱されずに残り、赤い空が生ずる。私には朝焼けが神々しい。神秘的すぎると思ったのは、私だけであろうか?
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/261-2b057870