2015.10.31 山粧ふ
軽井沢ゴルフ倶楽部(NO2)

噴炎の普羅の浅間も粧ひし

浅間山は何時もの如く噴煙を出している。白樺の先をよく見ると浅間山が粧ひを始めているのが分かる。旧師・前田普羅は「春星や女性浅間は夜も寝ねず」と詠んでいるが、私は春のみならず、夏、秋、冬の四季それぞれの素晴らしさを、近くに住んでいるので味わう事ができる。本当に幸せである。「神の留守立山雪をつけにけり」(普羅)の句もあるが、浅間山はこれから、三段紅葉、三段染めとも言える季節が訪れる。即ち、紅葉の季節、上部に雪が降り、上部に雪の白、中間に紅葉の赤、黄色、下部に緑となった状態をいう。普羅の愛した浅間山。軽井沢ゴルフ倶楽部から望む浅間山である。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/290-e3b7518c