2015.12.16 赤城神社
赤城神社(H27,12)

冬の日の朱に煌めける大明神

正式名称は赤城神社であるが、他の赤城神社と区別のため「大洞赤城神社」とも呼ばれる。関東地方を中心として約300社ある赤城神社の、本宮と推測される1社である。創建は不詳。社伝では、豊城入彦命が上毛野を支配することになった際に、山と沼の霊を奉斎したという。その後、允恭天皇・用明天皇の時代に社殿を創設したと伝える。大沼の東岸に突き出した子烏が島に鎮座する。水神を祀る。いずれにしろ、群馬といえば赤城山。榛名山、妙義山と並んで上毛三山の一つに数えられ、日本百名山の一つでもある。7日(月)に来群した兄がまずは赤城山に行きたいといったので案内した。カルデラ湖の大沼の周りは豊かな自然に恵まれ四季折々の風景が楽しめるが、今日は摂氏1度。些か寒かった。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/303-3bd2d361