2016.01.22 トイトレイン
Toy Train(H28,1)

ヒマラヤも煙りのかなた三が日

イギリスの植民地だった1,881年。ダージリンの紅茶の輸送と、避暑地に行き来する人を運ぶ為に開業した鉄道。1,991年に世界遺産に登録された.。日本で鉄道が開業したのが1,872年(明治5年)。横浜ー新橋間、29km、1日9往復53分だから、この山間地にと思うと、俄かに信じられなかった。鉄道に興味がなくても、その姿と、おもちゃの様な列車を、真剣な表情で走らせるおじさん達を目のあたりにしたら、きっと誰だってわくわくして嬉しくなる。トイトレインの正式な名前は「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」。煙の向こうには名前のとおり空にヒマラヤが浮かぶ。狭い道の両脇には商店が軒を連ねる。路上駐車をしている車があるが、よく見るとその下には線路。車がどいたと思ったら、今度は人が歩きだす。線路なのか歩道なのか分からない。標高2,000mのワクワクする世界遺産である。小さくておもちゃみたいな「トイ・トレイン」である。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/314-969b2ab9