2016.02.24 堰堤
本宮堰堤(H28,2)

きさらぎの水音深く変はらざる

冨山市本宮の堰堤である。小見小学校に通っていた頃から50余年経つが、まさしく今も変わらず私を迎えてくれる。本宮に帰って来た気がする景色ではある。雪解の水音とは明らかに違う深い水の音である。野見山朱鳥に「きさらぎの水のほとりを時流れ」の句がある。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/334-5947caeb