2016.06.05 ひなげしの花
ひなげし(H28,5)

風誘ふ唯一輪の虞美人草

楚王項羽の寵妃虞美人が主人の後を追って自決した後の血の色から名付けられたという虞美人草。ひなげしの花とも言う私には可憐な花に見えるのであるが、鳥の雛のように愛らしい花の様子からヒナゲシというのもこの色だと思われる。
「ヒナゲシの花一輪や風誘ふ」と詠んだ方がベターか。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/379-eb9f60c3