2016.11.15 枯芒
枯芒(H28,129

上毛(かみつけ)の風と戯むる枯芒

ここ上毛野国(かみつけのくに)は、上州の空っ風(別名、赤城颪)が有名である。また上州名物の3つの「か」は「かかあ天下」と「空っ風」と「雷」である。何れにしろ、「空っ風」は主に山を越えて吹きつける下降気流の事を指し、山を越える際に温度、気圧ともに下がる事で空気中の水蒸気が雨や雪となって山に降る為、山を越えて来た風は乾燥した状態となる。特に群馬県で冬に見られる北西風のことをいう。その風と戯れている枯芒・・・・。何か北関東に生きる強さみたいのものを感ずる。旧師前田普羅は「佐渡を見る人来て坐る枯芒」と詠んでいる。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/429-451108bc