2016.12.29 雪の夜
冬の八ケ岳(28,12)

酔ひしれてショパン聴きゐる雪の夜

横谷峡にある横谷温泉旅館は、古い旅館だが夜8時からロビーで若いピアニストがクラシックを弾いてくれる。昨晩(26日)ちょっと覗いたら、幻想即興曲がはじまった瞬間であった。酔ったいきおいで聴いたわけではないが、とても心地よい一時であった。我々のグループの中で、一人だけ先にお聴きになっていた大先輩のA氏にこの様な趣味があったとは・・・・・。サプライズであったが、さすがではある。実は・・・・私もクラシックが大好きで、学生時代は東京文化会館、日比谷公会堂等へ、チャンスがあれば聴きにいったものである。今宵(27日)は、連弾とのことであったが、一人が体調不良の為、急遽一人で弾くことになった。チャイコフスキーから始まり、ショパンへと続く。ショパンはエチュード、ノクターンの2番、ポロネーズ第6番「英雄」とポピュラーな曲ばかりであったが、なかなかであった。最後に「故郷」を全員で唄う趣好だったが、作曲家か作詞家が郷土の人なのであろうか・・・・・・?何故か、明日はきっと滑れるような気がした。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/434-8416a889