2016.12.30 八ケ岳遙か
冬の八ケ岳NO2(H28,12)

雪の夜の雪の精ともピアノの音(ね)

27日夜雪がしんしんと降りだした。ピアノを聞いているととても心地良く、雪の精とピアノの音が一体化する。雪の精・・・すなわち雪の精霊、雪の妖精をも想起させる。「その肌は透き通るように白く、長い髪は銀色にキラキラとひかります。あまりにも美しいので人間たちは雪の精をみると、みんな逃げてしまうのでした」と、どなたかの詩に書いてあった。そんなメルヘンチックな調べである。確かに、目をつむると「くるみ割り人形」雪の国、雪の精の踊りの情景が・・・・・・・。雪を待っていた。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/436-f4be14d2