2017.06.14 舞妓
舞妓さん(H29,5)

擦れ違ふ舞妓の所作の涼しさよ

たまたま舞妓さんと擦れ違った。祇園界隈では珍しくもないが、流石にプロだと感じたのは所作の美しさである。夕方の暑さが残る時間ではあったが、そんな素振りは微塵も感じられなかった。何ごとにつけ、プロと名のつく人の「立ち居振る舞い」は美しい。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/475-60d23781