2017.09.05 墓参り
山元家の墓(H29,8)

墓参りともに手合わす父祖の山

墓参りは幸せなことにずっと続けて来れた。六十八歳の現在あるのはご先祖のお陰であるし、関係ある皆さんに支えられ、今日に至っている。それこそ、「感謝」の気持ちがあるばかりである。先祖伝来の山、即ち父祖の山に向かって、お墓に祈ると同時に、しっかり手を合わせお参りした次第である。
個人的には・・・・・・、今年は春先に長女の再婚、おめでたの知らせがあり、次女もフランスで、夫婦仲良く健康に暮らしているようである。とてもうれしい。加えて、五月に「山の仲間」と、ほぼ五十年ぶりに立山室堂山荘で再会できた。皆さんの元気な顔を見てとても勇気がでてきた。七月末には、学生時代のスキ―関連の先輩・後輩の三人で、針の木岳登山をした。生憎の小雨、大雨であったが、雪渓の雪が多く、針の木大雪渓・直登の醍醐味を味わう事が出来、綺麗な高山植物に励まされ、楽しい登山であった。
「日本三大雪渓」の名は決してだてではないと感じた。

今月、初孫に恵まれる。母子ともに健康であれと天に祈るばかりである。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/491-06960802