2017.12.27 朝日浴ぶ浅間
朝焼けの浅間(H29,12,22)

朝日にも師走の光浅間嶺に

12月22日(金)、蓼科にスキ―に行く日の朝、先輩の加藤さんのご自宅の近くでシャッターを切った。師走の朝日を浴び、朱色に僅かに染まりつつある浅間山。ゆったりと、今年一年の時の流れを受け止めているようだ。今年は例年に比べ雪が少ないと感ずる。

「朝焼けの雲海尾根を溢れ落つ」(石橋辰之助)
の句があるが、朝焼けは俳句では夏の季語。高山から眺められる荘麗な山岳美の世界だ。朝焼けに染まった雲が海のように広がり溢れて、尾根を越え落ちてゆく。太陽が登るにつれて雲海の色も刻々と変化している。下5の溢れ落つが何ともいえず素晴らしい。

冬の朝日を浴びる浅間山には上記の句の様な感覚はないが、なかなかのものがある。師走の光に包まれているからだろうか?



Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/529-a7d9125d