朝日受く赤城(H29,12,22)

朝日浴ぶ赤城山(あかぎ)従え冬木立

上毛カルタに「裾野の広き赤城山」とあるが、まことに裾野の広い赤城山ではある。朝日を受けて何とも言えない雰囲気を醸し出しているが、殊に、早朝の澄んだ大気の中で、明けて来る空を背景に、赤城山をまるで従えるように立つ冬木立のシルエットは美しい。思わず、映画「風と共に去りぬ」の一シーンを思い浮かべる。大自然は美しい!!

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/531-ea66f615