2017.12.27 千鳥とも
千鳥とも(H29,12)

千鳥とも何故か気になる梢かな

従来水辺にいる鳥だから千鳥だろうか?毎朝の散歩道の梢に凛とした姿で鳴いていた。とても気になり思わずシャッターを切った。
鳴き声が哀調を帯び、詩歌に好んで詠まれて来た。「その昔よりの千鳥の洲なるべし」(年尾)があるが・・・・・・。


Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/533-7fe1d447