2018.01.14 甲斐駒ケ岳
甲斐駒ケ岳(H29,12)

何時の日か雪の甲斐駒ヶ岳目指さむと

年末に初滑りに行った時、甲斐駒ケ岳が見えた。私にとって俳句を目指す原点である。蓼科ピラタススキー場、2,240m地点からだったと思うがはっきりと確認できた。大変勇気が出て来たのを覚えている。

「駒ケ岳凍てて巖を落としけり」(普羅)。極寒の山岳。真っ青な空の下、山容は雪に覆われ、わずかに岩肌が黒々とのぞいている。そんな静寂の中、不意に落石の轟音が轟く。寒さと落石との間に科学的な因果関係は無いが、この俳句世界では分かち難く結びつき、迫力ある冬の景を幻出している。やはり、前田普羅は山岳俳句の第一人者と言える。

今年は甲斐駒ケ岳に接して見ようと決めた。



Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/548-dc600ccb