2018.01.31 裾野も長き
裾野は長し(H30,1,30)

冬の日に映ゆる赤城の裾長し

蒼天にくっきりと黒いシルエットを浮かべている赤城山。この時期しか見れない赤城山の勇姿かもしれない。終の住居かもしれない赤城根に帰って来て何年になるだろうか? 毎日を自分なりに真剣に生きているつもりだが、余りにも時の経つのは早い。

先日、ある本を読んでたら宮沢賢治の文が載っていた。

「わたしたちは、
氷砂糖をほしいくらいもたないまでも、
きれいにすきとおった風をたべ、
桃いろのうつくしい朝の
日光をのむことができます。」 

「注文の多い料理店」「序」より。

美しい自然に囲まれて生活できるのは、何ごとにも変え難い。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/566-05bd8537