2018.04.17 お伊勢参り
伊勢神宮外宮(H30,4)

春暁や心洗はる瞬間(とき)なれば

言葉なぞいらない瞬間である。伊勢神宮は何時来ても、心が凛となる。「気」が満ち満ちているからであろうか?

「元日や神代のことも思はるる」(守武)、「日本がここに集まる初詣」(誓子)。さらに、「何の木の花とはしらずにほひかな」(芭蕉)の句なども思いだす伊勢の地である。

平成25年(2013年)秋の、伊勢神宮「式年遷宮」の後にお参りに来て以来かと思う。何よりも、この場に今たてたこと。そして、ただ、ただ、「心が洗われる瞬間」 を持てたことに、感謝するばかりである。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/595-bf2ffd40