2018.04.19 熊野速玉大社
速玉大社(H30,4)

春の空未来へ繋ぐ祈りかな

熊野速玉大社の門の左右に、大きく「未来へ繋ぐ」、「日本の祈り」 とあった。みょうに心に残る言葉だったので、あえて掲載しておきたい。

伊勢神宮とともに、古代から神々の原郷として、日本人の憧れの聖地となった遥けき熊野・・・。伊勢へ参らば熊野へもと、人々は参宮とともに原始信仰の息づく「減罪と再生の地 熊野」にも巡礼し、神詣でを繋いで来た。境内には御神木たる、樹齢1,000年のナギの巨木がある。平家一門の平重盛のお手植えと伝えられ、日本一のナギの巨樹である。ナギは熊野権現の御神木で、その葉は、笠などにかざすことで魔除けとなり、帰りの道中を守護してくれるものと信じられていた。

「松島の鶴になりたやはるの空」(乙二)、「春天に鳩をあげたる伽藍かな」(茅舎)等、の句もあるが、「未来へ繋ぐ」及び「日本の祈り」という二つの言葉に惹かれた熊野速玉大社であった。


Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/607-8afd8328