2018.04.19 熊野本宮大社
熊野本宮大社(H30,4)

古(いにしえ)の願ひがのりし春の風

はるか千年続く、熊野詣での願いが聞こえる、全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山。三山の中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮大社である。熊野参詣道のなかでも、多くの人々がたどった「中辺路」を歩くと、難行苦行の道のりを終え最初に辿りつくのが熊野本宮大社。最初に熊野本宮大社を拝む「伏拝王子」の名は、やっとたどり着いた熊野大社を伏し拝んだ由来からと伝えられる。 

門に書いてあった、「御創建二千五十年」、「神を父に 仏を母に いただきて 熊野より興さむ 出発(たびだち)の時」 の文字が鮮明に思いおこされる。

何はともあれ熊野三山を詣でることが出来たのは幸いである。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/608-2b02df16