熊野古道ガイドと歩く(H30,4)

語り部の声もはずみし春山路

中辺路のどの辺を歩いたか自信はないが、確か牛馬童子像のところは通った記憶がある。

熊野三山の聖域のはじまりとされる滝尻王子から熊野本宮大社まで、1泊2日で歩くロングコースもあるそうだ。(距離38㎞、標準歩行時間:各日6時間30分から7時間)途中近露王子か継桜王子の近くに宿泊。

熊野三山に至る熊野参詣道のうち、田辺から本宮、新宮、那智に至る山岳路が「中辺路」(なかへち)と呼ばれている。特に、平安時代から鎌倉時代に皇族貴族が延べ100回以上も繰り返した「熊野御行」では、中辺路が公式参詣道(御幸道)となった。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/609-69c04735