2013.11.01 草の実
草の実(2013,11)

草の実やいつしか移りゆく季節

季節の移ろいを感ずるのはちょっとしたものの変化にである。健気で可憐な風情。風に揺れたり、実が弾けたり、小鳥が啄ばんだり、服にくっついたり、さまざまな情景を我々は詠む事ができる。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/61-53d3bd71