中辺路の美術館(H30,4)

春の風受けし景色も懐かしき

熊野古道なかへち美術館は、近露の近くにたつ町立の近代的な美術館。中辺路ゆかりの画家たちの作品を中心に所蔵・展示してある。展示室周囲の回廊やロビーは全面ガラス張りになっているので、中辺路の美しい景色を絵画のように眺められる。

建築界のノーベル賞と名高いプリツカー賞に2010年、日本人として4人目の受賞という快挙を成し遂げた妹島和世(せじまかずよ)氏と西島立衛(にしじまりゅうえ)氏。世界から注目されている2人の共同設計作がこのなかへち美術館である。

金沢21世紀美術館とも通ずる。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/611-bad1b932