2018.04.26 大野寺
大野寺枝垂れ桜(H30,4)

磨崖仏よくは見えねど枝垂れかな

大野寺は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派の寺院。山号は揚柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝える。室生寺の西の大門に位置する。宇陀川岸の自然石に刻まれた弥勒磨崖仏がある事で知られ、枝垂れ桜の名所として知られる。

後鳥羽上皇の勅願により造立されたといわれる高さ13,8mの磨崖仏。大野寺の枝垂れ桜ごしに見る磨崖仏は日本一美しいとも言われる。

だけれども、磨崖仏は残念ながら輪郭がよく見えなかった。また、吉野山で桜が見れなかったこともあるが、大野寺の「小糸枝垂れ桜」は本当に美しく、天然記念物に指定されるほど貴重な珍しい桜とは知らなかったが、十分堪能できた。これも、弥勒菩薩のお陰であろうか。旅の終わりを締めくくるに相応しい桜ではあった。

小林古径の描いた、「弥勒」を思う。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/616-0d8cbaca