甲斐駒ケ岳(実相寺から、H30,4)
 
新緑や古刹を抱く駒ケ岳

今朝4時30分に家をでて実相寺からの甲斐駒ケ岳を見に行った。実相寺に午前7時過ぎにつきお参りをしたが、樹齢2,000年といわれる神代桜はじめ境内は新緑の季節であり、空気が凛として、なんとも気持ちが良かった。残雪の甲斐駒ケ岳はなんといっても素晴らしく、暫く佇んで仰ぎ見ていた。駒ケ岳はいつも古刹を懐に抱き、人の世をも遠くから見ているかのようでもあった。


Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/620-9fe32b3c