2018.06.30 日吉にて
日吉で(H30,6,3)

梅雨晴間日吉に流る時(とき)早し

幼子の笑顔は最高である。その顔を、動きを見ているだけで時間があっという間に過ぎて行く。まさに山上憶良の歌である。
「しろがね(銀)も金(くがね)も玉も何せむにまされる宝子に如(し)かめやも」(万葉集) 確かに肯ける。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/637-699e1f4e