桜と長女の家族(H31,4)
 
桜咲く長女家族の笑顔にも

「さまざまのこと思い出す桜かな」(芭蕉)の句が頭から離れないが、「この子の将来に幸あれ」と祈る桜の下の出来事である。
みな笑顔がとても素適な写真となった。

確か、「世の中にたえて櫻のなかりせば 春の心はのどけからまし」は在原業平であったろうか。これも真実である。これには返歌がある。「散ればこそ いとど櫻はめでたけれ 憂き世になにかひさしかるべき」という歌である。 この名もない歌人の返歌こそ、「日本人にとっての桜」を象徴した歌であると感じるのは私だけであろうか?

ある本によれば、武士道は桜であり、騎士道は薔薇であると例えられる様に、多くの日本人にとって、華麗に咲き続け花弁を残して枯れゆく薔薇よりも、美しいまま散りゆく桜の方が美しく映るのだろう。

桜の花を見ていると、様々のことを思ってしまう・・・・・・・。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/718-a9a015bd