2019.06.11 公園通り
公園通り【令和元年、5月)

朝まだき夏のかほりもせし通り

アルベール公園通りを通ると仄かに夏の香りがした。お天気が今イチなのか少し暗い感じだが、何せ気持ちが良い通りである。

この公園はニースで最も古い公園の一つで、西側をポカイア通りとマセナ広場、北西側をアヴェニュー・ド・ヴェルダン、南側をプロムナード・デ・ザングレによって囲まれている。1892年にはフランスに最初のニ―スを併合した100周年を記念して、祈念碑が建てられた。時代により呼称がかえられて来たがアルベール1世公園と命名されたのは1914年の事である。

歴史はともかくニースに来たなと実感できる朝の散歩の一瞬である。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/742-b868d1ac