2019.06.12 サレヤ広場
サレヤ広場朝市(2019,5)

旧市街彩り添えし胡蝶蘭

17世紀ごろに造られた旧市街の一角にある細長い広場、サレヤ広場は花市などが開かれ、両側に立ち並ぶカフェやレストランはいつも活気に満ちている。胡蝶蘭は晩夏の季語だが・・・・、一杯並んで展示してあった。旅先で花は買えないので、今朝はブルーベリーを買い、ホテルで頂くことにした。

Alziari(アルジアリ)はニース最古のオリーブオイル専門店。マセナ広場から5分、サレヤ広場を出たところ(マセナ広場との間)といえば分かり易いだろうか・・・、とにかく親切だし、お世話になった。

吾がための定年祝ふ胡蝶蘭(山口冨美子)、胡蝶蘭花を沈めて活けらるる(高浜年尾)等の句があったと思う。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/747-0aae9d45