2019.09.04 恵林寺の山門
恵林寺山門(R、元,7)

梅雨晴間歴史を偲ぶ山門に

武田信玄の菩提寺、乾徳山恵林寺は、1330年夢窓国師によって創建されました。後に「孫子」を座右の書とし、武田信玄の尊敬を受けた美濃の快川和尚の入山で寺勢を高め、永碌7年(1564)には、信玄自ら寺額を寄進し当山を菩提寺と定めました。

天正10年(1582)4月、恵林寺は織田信長の焼き討ちにあい、快川国師は「安禅必ずしも山水を須(もち)いず、心頭滅却すれば火も自(おのずか)ら涼し」と言葉を残し、、百人以上ともいわれる僧侶とともに火に包まれた。同年「本能寺の変」によって信長が斃れて後、徳川家康の手によって復興されたのである。

総体的に溢れる重厚・荘厳さは、桃山文化の建築物の面影を示し、あまた存在する禅宗寺院の山門の中でも逸品とされている。
歴史の中に身を置き、歴史を偲ばせる山門・・・・。

宿泊した「別邸 坐忘」から、笛吹川沿いを歩いて40分位?の場所にあった(車では駐車場まで数分?)一度は訪れたかったので、恵林寺に行け満足しました。



Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/767-f30d7a3c