2020.05.04 牡丹の花
牡丹

気にやみしことはさておき牡丹かな

今朝の牡丹は白がとても美しく、あまり気にやむこともある訳ではないが、何かあったとしても、そんなことは後回しにしまずは牡丹の白さを愛でたい。自然の美しさには勝てない気がするのである。

いにしへのならの都の牡丹持(其角)、花深く煤の沈める牡丹かな(松本たかし)、花の王といわれる牡丹には名句も多い。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/801-87218801