大晦日食事会(R2,12,31)

あつまりて微笑みのなか年惜しむ

「しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ」(飯田蛇笏)の様には、全く格調高くないが、我が家は孫のた―ちゃんが来てくれると、とにかく面白い。思わず笑いが溢れるのである。彼が好奇心の塊の様に、何かと動いてくれるからであろう!!

2020年はコロナ禍の中で明け、コロナ禍に振り回されて1年が終わった様な気がする。明日にも緊急事態宣言が発令されるようだが、遅きに失した感がある。他の国なら現在の数字は恩の字かもしれないが・・・・・。

何れにしろ、あらゆることを受けとめながら生きていくしかない。その中で、やはり子供の成長は世の希望である。たーちゃんのお陰で我が家は素晴らしい年末を迎えることができた。感謝!!感謝!!

「年惜しむ共に旅せし日を刻み」(星野椿)の句を想起しながら、2020年の大晦日は暮れていく。少なくとも来年は良き年であるよう祈念するばかりである。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/821-bb5d30af