花吹雪(R3,3)

人の背に舞ふ花一片また一片

花を愛する人の背に、一片また一片と舞うように降る櫻。今年も素晴らしい花を咲かせてくれてありがとうと言いたい。いったいいつから、櫻はこのように人々に愛でられ、美しく咲く様になったのだろう。少なくとも万葉集の時代は梅の花を詠んだ。古今和歌集の頃からだとも思うが、とにかく日本人に愛される花である。 

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし(在原業平)「古今和歌集」を思う。久方の光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ(紀友則)「古今和歌集」をも思う。しき嶋のやまとごころを人とはば朝日ににほふ山さくら花(本居宣長)もなかなか良い。桜の花はとても語り尽くせない。

見るからに愛らしいタ―ちゃんも、皆に愛される人間になってほしい。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/845-42d68499