2021.10.30 虹の扇沢
虹の扇沢(R3,10,17)

しぐるるや虹をかかげし扇沢

「時雨」とは、冬の初め、降ったかと思うと晴れ、また降りだし、短時間で目まぐるしく変わる通り雨。この雨が徐々に自然界の色を消していく。そんな時雨の扇沢に、関電トンネル電気バスを下りると虹が掛かっていた。

私には風間が今日のイベントをとても喜んでいたと思われた。須田の立山・雄山神社に捧げた「詔」も心がこもり、格調も高く、とても立派なものであった。さすが幼馴染みである。また、この時期に山仲間が集まって、山に帰る風間を見送ってくれたのである。

一人で帰る寂しさを癒やしてくれたし、今後に勇気を与えてくれた虹であった。
「いつまで生きるかよりどう生きるか」が問われる年代となった。勇気を持って進もうと決めた。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/863-fbdf9a7a