2021.11.27 三千院の仏
大原三千院(R3,11,3)

身にしむや別ればかりの続く日々

昨年末の「山の友」である風間良君の死、そして5月には兄・飛鳥の突然の死。別ればかりが続く日々である。人間はある程度の年齢で必ず死を迎えるが、身のまわりにばかりおきる気がする。そして、そんな淋しさを感ずる今日この頃なのである。

11月3日(水)大原三千院に行った。入ってすぐの部屋で仏が迎えてくれたが、やさしい顔に遭遇しほっとした。「この世もすてたものではないよ」と言ってくれてる様な、そんな優しさを感じたのである。

「ダイセンジガケダラナヨサ」なんて歌があった。が、しかし、「不貞腐れるのもいい加減にしろよ」と叱咤激励を受けた気がする。


Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/868-93dd632b