サクラダファミリア(R3,11)

幾年を創造重ね街は冬

アントニオ・ガウディのサグラダファミリアは、何百年も年月を重ね、造り続けている。私には創造を重ねているように見える。だから凄いのである。

ローマ時代からの古い歴史を誇るドイツの文化都市、ケルンの街に聳え立つケルン大聖堂。ゴシック様式の建築物として世界最大の姿は、美しく圧倒された覚えがある。しかし、サグラダファミリアは何というか創っている、創造しているという感じがしてならないのである。やはり凄い。

大好きな日本建築には日本建築の凄さがあるが・・・・・。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/877-c007ef30