サグラダファミリアNO3(R3,11)

ハレルヤが流れこだます冬の空

神を賛美し、喜びを表す語、ハレルヤ。(主を褒め賛えよの意)
最近「ハレルヤ」とか「ギブ・サンクス」とかの歌が耳に残るようになった。何故かは分からない。

つい先日のピアノ・コンサートでゲルハルト・オピッツのべ―ト―ヴェンの4大ソナタを聴いた。「悲愴」と「月光」に癒やしを貰い、「テンペスト」と「熱情」に勇気をもらった。音楽は素晴らしい。12月は「合唱」だが、森麻季さんのソプラノ、錦織健さんのテノールが楽しみだ。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/879-1c863173