目黒川沿いの桜(R4,3,30)

ビルを背に川面に枝垂れ桜かな

目黒川沿いの桜が満開と聞き、3月30日に桜を見にいった。見事な枝垂れ桜であったが、いつも山の中の広いところで見ているせいか、少し違和感が感じられた。都会の景色だと感じた訳である。

夕闇や枝垂桜のかなたより(芥川龍之介)、朝ざくら雪嶺の威をゆるめざる(木村蕪城)、観音の大悲の桜咲きにけり(正岡子規)の句なぞを思い出しながら中目黒界隈を散歩した。

Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/894-142aa195