2014.12.24 我が心の穂高
奥穂から

風花の舞ふや心の穂高にも

寒さが急に厳しくなり風花が舞うようになる(冬の青空に舞う雪が風花である。風に舞い散る花の様な雪・・・風花)。所謂風花日和に、心の中の山、穂高はどうであろうかと考えたりもする。冬の山は素晴らしい。旧師前田普羅は次の句を残している。
「上つ毛や風花おろす山を並め」(普羅)。この写真を提供して下さった友人T氏に感謝。
Secret

TrackBackURL
→http://makotohaiku.blog.fc2.com/tb.php/91-194ab24c